HOME > NEWS/INFORMATION

真田丸

戦国のスーパースター真田幸村。その波乱万丈の生涯を、三谷幸喜が、勇気と愛に満ちた物語としてオリジナルで描きます。「大坂の陣」―― 劣勢明らかに追い込まれた大坂城。そこに駆けつけ、抜群のリーダーシップを発揮し、胸がすくような活躍をした、真田幸村。幸村が生まれた真田家は、信州の 小さな領主。周囲の大名たちが繰り広げる戦乱の荒波に翻弄される真田家。しかし、的確に時代と人を読んだ幸村は、父や兄をはじめとした家族とともに、知恵 と勇気と努力で、戦国の世を必死にサバイバルしていく。そして、迎えた大坂の陣。家族から受け継いだ知略と武勇を武器に、家族と育んだ愛を胸に、幸村は、 大坂城へと向かう-― 。※題名「真田丸」は、幸村が大坂の陣で築いた砦の名。また、戦国の荒波に立ち向かう真田家を、一艘(そう)の船にたとえています。(2016年1月放送 スタート予定)

どーも

「真田丸」
真田信繁(幸村)

第55作 真田丸

  • 放送期間:2016(平成28)年1月~
  • 作:三谷幸喜
  • 主な出演者:堺雅人 ほか

(あらすじ)

信州の小さな領主・真田家に生まれた信繁(幸村)は、家族とともに戦国の世を必死にサバイバルしていく。そして迎えた大坂の陣——、知略と 武勇を武器に抜群のリーダーシップを発揮、胸のすくような活躍をした真田信繁(幸村)。その波乱万丈の生涯を三谷幸喜のオリジナル脚本で描く。

舞台『透明人間』

ある暑い日、僕の町内に「水を恐がる犬」の噂がひろがった。

■作:唐十郎

■演出:唐十郎+久保井研
■出演:唐組役者陣


[公演場所・公演日程]

■大阪=南天満公園

(地下鉄谷町線「天満橋」駅より10分、堺筋線「北浜」駅より12分、JR東西線「大阪天満宮」駅より10分)
 5月1日(金)2日(土)3日(日)

■東京=新宿・花園神社

(「新宿」駅・地下鉄「新宿三丁目」駅下車)

5月9日(土)10日(日)、15日(金)16日(土)17日(日)
6月6日(土)7日(日)、12日(金)13日(土)14日(日)

■東京=雑司ヶ谷・鬼子母神

(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司が谷」駅下車)
5月23日(土)24日(日)、29日(金)30日(土)31日(日)

開演◎毎夕7時(6時30分開場)

[入場料] 前売券 3,500円  当日券 3,600円
* 入場整理券(前売り券と引き換え)及び当日券は、午後1時より受付にて発行致します。
* 独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。

3月15日(日)チケット前売り開始!!

〒165-0034

中野区大和町4-3-9

劇団唐組

tel&fax 03-3330-8118

新CM「おさえられない衝動」篇に出演中です!

明治アーモンドチョコレートCM・公式ページ

映画「アゲイン」公式サイト

~苦しみは変わらない、変わるのは希望だけだ。~

ProjectNyxの新境地!SHAKALABBITSを迎えた、ロックアンダーグラウンド爆裂シリーズ第一弾!!寺山修司が1968年に書いた問題作!!歌舞伎町に繰り広げるアラビアンナイト、詩と幻想とエロティシズムとロックパッション!!

作:寺山修司
構成・美術:宇野亞喜良
演出:金守珍(新宿梁山泊)

Photo

出演  
稲荷卓央(唐組)、森了蔵、林勇輔(スタジオライフ)、広島光、染野弘考、申大樹、島本和人、加藤亮介、野澤健、

水嶋カンナ、藤井由紀(唐組)、伊藤弘子(流山児事務所)、サヘル・ローズ、佐藤梟(デリシャスウィートス)、有栖川ソワレ、森永理科、日和佐美香、神谷沙奈美、田村優依

若松武史、金守珍、大久保鷹

演奏・出演:SHAKALABBITS(シャカラビッツ)

<アクセス>

池袋・東京芸術劇場シアターウエスト http://www.geigeki.jp/access/index.html

東京都豊島区西池袋1-8-1 tel : 03-5391-2111

JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。

駅地下通路2b出口と直結しています。

Photo_2

舞台「新宿版・千一夜物語」公式ページ

フジテレビの金曜プレステージ枠が、装いも新たに「赤と黒のゲキジョー」となって
パワーアップしました!
お楽しみに♪

「ヤバい検事 矢場健4~ヤバケンの暴走捜査~」

放送:フジテレビ
月日:2014年11月14日(金)
時間:21時~22時52分

出演:舘ひろし・原沙知絵・河相我聞・松金よね子・宮下裕治・矢崎滋 他

唐組・第54回公演

『紙芝居の絵の町で』

「探せっ、一瞬のまばたきの、中の絵を!」

作=唐十郎 演出=唐十郎+久保井研

[役者陣]

久保井研/辻孝彦/稲荷卓央/藤井由紀/赤松由美/気田睦/ 岡田悟一/大美穂/土屋真衣/岩戸秀年/西村淑識/南智章/ 清水航平/★福本雄樹

[スタッフ]

絵=高畠華宵、デザイン=及部克人、データ作成=海野温子、作曲=大貫誉

[開演時間]

毎夕7時(6時30分開場)

[入場料] 前売券3,500円  当日券3,600円

※入場整理券(前売券と引き換え)及び当日券は、午後1時より受付にて発行致します。

※独立した幼児以外の幼児は入場をご遠慮下さい。

[劇団唐組事務所]

〒165-0034 東京都中野区大和町4-3-9

☎/Fax03-3330-8118

[公演場所・公演日程]

● 猿楽通り沿い特設紅テント http://goo.gl/maps/6ZMCV

(JR「御茶ノ水」駅より徒歩10分、東京メトロ半蔵門線/都営三田線「神保町」駅より徒歩6分)

※御茶ノ水橋口改札を出て左へ。山の上ホテルの看板を右折、山の上ホテルまで進む。山の上ホテルの右側の坂道を下り、明大10号館にぶつかったら、左折して、すぐ右折。坂をおりきったら右側にテントが見えてきます。

10月11日(土)12日(日)/17日(金)18日(土)19日(日)

● 雑司ヶ谷・鬼子母神http://goo.gl/maps/FLs8W

(「池袋」駅・都電荒川線「鬼子母神前」駅・副都心線「雑司が谷」駅下車)

10月25日(土)26日(日)/10月31日(金)11月1日(土)2日(日)3日(祝)

[前売開始] 8月31日(日)

[チケット取扱い]

唐組 ☎03-3330-8118

チケットぴあ☎0570-02-9999(Pコード:439-270)

イープラス http://eplus.jp/karagumi/

シバイエンジン https://sv68.xserver.jp/~481engine/481engine.com/rsrv/pc_webform.php?d=ade6948b75&s=&PHPSESSID=296df827800db41df3b8fab2ca3bb973

※シバイエンジンご使用のご注意※

●複数日ご予約の際は、その日ごとのご予約をお願いします。

●チケットは当日精算です。ご予約後の確認メールで詳細をご確認ください。

●予約フォーム内にメッセージ欄がありますが、メッセージには対応できません。

申し訳ございません。

お手数をおかけいたしますが、ご不明な点はお電話でお問い合わせください。

劇団唐組tel03-3330-8118

[問合せ]唐組 ☎03-3330-8118

[物語]

使い捨てコンタクトレンズの営業マン・牧村真吾。 彼が肌身離さず持ち歩く一冊『紙芝居集成』には、<題名不詳・作者・作画不詳>という、謎の一枚が掲載されていた。その絵の謎を知るのは、往年の路地の英 雄・紙芝居屋の情夜涙子のみ。牧村は、その謎を解くべく、仕事もそっちのけ、ホカ弁屋・染井るいことともに情夜の棲む、ひしゃげた老人アパートに通い詰め ていた。 ある日、情夜のもとに届いた、往年の好敵手(ライバル)たちからのSOS。情夜は、彼らのために一肌脱ごうと車いすでアパートを飛び出すが、それはヘル パー派遣会社「ネンネコ社」の仕掛けた、情夜を「下ろし屋」に仕立てるための巧妙かつ危険な罠だった――。 牧村と染井は、窮地に陥った老紙芝居屋を救うため、<紙芝居の墓>へと足を踏み入れる……。  染井の持つ、魔法のお弁当箱が鳴る! 「瞳」という名の窓から引き抜かれる何枚もの紙芝居絵! 絵の中から飛び出す物語が現実世界を縦横無尽に縫いつく す! 次をめくれば、身辺(あたり)が変る、抜くな、めくるな、ホカ弁屋、「恐ろしいこと」の頁がそこに待つ!!

Photo

Photo_2

唐組春公演のお知らせです。
-----------------------------------

唐組第53回公演
「桃太郎の母」

作=唐十郎
演出=唐十郎+久保井研

「待ってて、母さん、私の息を届けます」

【新宿=花園神社】
5/10(土)5/11(日)
5/31(土)6/1(日)
6/6(金)6/7(土)6/8(日)

【池袋=雑司ヶ谷・鬼子母神】
5/17(土)5/18(日)
5/23(金)5/24(土)5/25(日)

他・大阪公演=南天満公園
5/2(金)5/3(土)5/4(日)

【料金】
前売 3500円
当日 3600円

【開演】
毎夕7時(開場6時30分)

【受付】
公演期間 午後1時〜

【予約・お問い合わせ】
劇団唐組
電話03-3330-8118

一般発売
3/9(日)〜19時まで
3/10以降は〜17時まで

Photo

Photo_2

3/1~2・・・名古屋名鉄ホール

3/6~23・・・池袋サンシャイン劇場

Pic_tokyo_timetable

舞台「ヒトミ」公式サイト

トップへ戻る